わたしたちについて

株式会社SwingX(スイングバイ)は、ARでスポーツを体験するスマホアプリ「Spxrtan(スパルタン)」を開発・運営するスタートアップです。
わたしたちは、XRというテクノロジーに大きな可能性を見出しています。XRは拡張現実という言葉とともに知られている概念ですが、それだけにとどまるものではないと考えています。
時間や空間の制限を越えるこのテクノロジーは、わたしたちにとって、あたらしいアートやエンターテインメントコンテンツを生むためのサンドボックスです。
優れたアートやエンターテインメント(テキストや画像、映像、インスタレーションなどさまざまなかたちのもの)における表現には、イデアとでも呼ぶべきバックグラウンドが存在します。
わたしたちが自身の拠り所とするイデアは「体験」です。
力強い心臓の鼓動が聴こえるような距離でアスリートのパフォーマンスを感じたり、通り雨に濡れて羽ばたき、翔び立つ鳥の群れの中に身を置いたり、あるときなんでもない日常に不思議な生きものが訪ねてくるような、そんなドキドキする「体験」です。
そしてこの「体験」は、コンテンツだけで成立するものではなく、ユーザのみなさまのクリエイティブな発想によって「体験」が拡張していくという面白さを含んでいます。
ドキドキするような感動的な「体験」をぜひ、わたしたちとともに生み出してください。

About Us

SwingX is a start-up that develops and operates Spxrtan, a smartphone app that lets you experience sports in AR.
We see great potential in the technology known as XR, which is an augmented reality It is a concept known with words, but we think it goes beyond that. This technology transcends the limitations of time and space, and is a sandbox for us to create new art and entertainment content.
For us, this technology is a sandbox for producing new art and entertainment content that transcends the limitations of time and space.
All good art and entertainment (in various forms such as text, images, video and installation) has a background of ideas.
The ideas that we base ourselves on are “experiences”. We can feel an athlete’s performance from a distance as if we can hear the powerful beat of his or her heart, or we can feel the rain in the street. I’d like to put myself in the midst of a flock of birds that flutter and soar, or to be a strange creature in an ordinary day. It is an exciting “experience” that makes you feel as if you are going to be visited by a person who has just arrived.
And this “experience” does not come from the content we provide alone. It is also about the users who receive the content and experience it in a creative way. This is something that can only take shape through the collaboration of the two companies.
We hope you will work with us to create exciting and inspiring experiences.